幸せになりたいあなたへ

【斎藤一人さんの教え】すべての出来事が魂を磨くギフトになる

劣等感の塊で、
自己肯定感が低かった私が
変われたキカッケは…

◎独立、開業したこと
◎四柱推命、星よみ、個性心理學との出会い
◎斎藤一人さん、ワタナベ薫さんとの出会い

この3つがターニングポイントでした。

 

私に影響を与えた二人の実業家
斎藤一人さんと、ワタナベ薫さん

お二人の本との出会いが
私を大きく変えてくれました。

 

今日は
斎藤一人さん直伝の
「人生の法則」から

私が、最初に影響を受けた
「100%の法則」をシェアします。

 

「100%の法則」

一人さんの
本の中に書かれている成功法則は

当時の私には
理解できるものもあれば、
正直、素直に受け入れられないものも
ありました。

 

それでも私は決めたんです!

理解できなくても
まずは「やってみる!」と。

 


「100%の法則」とは、

自分に起こる幸せなことも
不幸なことも、
すべての出来事に対して
「これは100%自分の責任なんだ」
と、みる法則です

 

「すべての原因は自分にある」
と、思うことができる人は
傲慢にならないし

そう思って受け入れると
どんな出来事だって
「魂を磨くギフトになる」

というもの。

 

 

すべての原因は自分にある

例えば、
あなたを嫌な気持ちにさせたり
文句ばかり言ってくる人がいるとします。

そんなときも、
「嫌な気分にさせる、あの人が悪い」
と、思うのではなく

「私の中に、相手をイラつかせる
何かがあるんだ」

とみる。

 

「すべての原因は自分にある」
と、思うと

うまくいかないことが
起こったときに

どうすればうまくいくようになるか
自分で考えれるようになる。

 

この考えは、
占いを人生に活用して
運を見方に出来る人の考え方と
共通しています。

四柱推命では
あなたの運気、運勢バイオリズム
性格、資質、特性などを
知ることが出来ますが、

占いや鑑定で自分を知っても
それはただ「知っただけ」

 

占いを知って
どんな風に感じて
いかに自分と向き合って

「どうやったらうまくいくのか」
考えて、実際に行動した人だけが
運命を変えられるんですよね。

 

嫌なことが起こると、相手に原因があると考えてしまう

当時の私は、
嫌なことがあったり
ムカつくことがあったら

当然、
嫌な気分にさせるあの人が悪い
と、思ってたし、

「すべての原因は自分にある」
なんて到底、思えなかったですよね。

 

そんな私が、
なぜ100%の法則を
受け入れられたのか…

その理由は、

「すべての原因は自分にある」
そう思って受け入れると
どんな出来事だって

魂を磨くギフトになる

この「言葉」が
私の心に響いたから。

だから、
この法則を信じてみようと
思えたんです

嫌なことやツライことが「自分を高めてくれる。」その発想が驚きだった

それまでの私にとって、

「嫌な気持ちになる出来事」
「つらい出来事」
「ムカつくこと」

が、

自分を高めてくれることに
繋がるなんて!!!

驚きすぎて
ビックリ過ぎて
その発想に感動したんですよね。

 

私にとって、

ツライことは
ツラいとしか思えなかったし

ムカつくことは
イライラする出来事でしかなかった

 

 

もともと
悩みやすかった私は
人よりも落ち込む頻度が多かったから

そのすべての葛藤が
「私を高めてくれる出来事だったんだ!」
と、思えただけで

なんか無性に嬉しくて
心がとてもラクになったんです!

 

まとめ

この法則を知って
少しづつ少しづつ
受け入れることが出来て、

嫌なことがあったら
「このつらい出来事も
私にとって意味のあることなんだ」
って、思えるようになれて

 

物事の捉え方次第で
こんなに人は変われるんだ!と
気づけた出来事でしたね。

 

斎藤一人さん人生の成功法則


人生でなにが起きても、

原因のすべては自分目線で
見つめてみること
そこには学ぶべきことが
必ずあるから。

 

あなたに起こることは
すべてが最善。

そう思って受け入れると、
どんな出来事も
魂を磨く出来事になる

 

 

今日は、
斎藤一人さん直伝
「100%の法則」をご紹介しました

この法則に出会えたことで
心がラクになった私のように、

今、必要な人に届けばいいな…
と、思います。

 

一人さんから教わった言葉は
まだまだ沢山あります
また、紹介しますね!

占いで人生は変えられるのか?「占いで人生は変えられますか?」 「私はどうしたら幸せになれますか?」 占い師さんが お客様から良く聞かれる質問ですね...
自己肯定感が低かった私が変われた理由。先日、高校時代の友人3人で久しぶりに食事に行きました。そのとき友人との会話の中で当時の私の話になったんですね。 「学生時代の直...