プロフィール

はじめまして
心理カウンセラーの松尾直子です。

「カウンセリングを受けよう」そう決断するまで、とても迷いますよね。

 

心身共に限界を感じているのに「まだ頑張れる」と問題解決を先延ばししたり…

カウンセリングを受けること自体「贅沢なんじゃないか」と感じては 自力で解決しようとしたり…

「このカウンセラーで間違いない?」「信用できる人なのかな?」と不安になったり…

 

「申し込みボタンを押すその瞬間まで」すごく迷うと思います。

 

 

これまでご縁を頂いたクライアント様も、もちろん過去の私も

みんな、あなたと同じように
何度もお申込みページを開いては閉じ…開いては閉じ…を繰り返して

やっとの思いで一歩を踏み出してきました。

中には「一年間ブログを見続けてやっと申込めました」と仰る方もいました

だからあなたも迷っているなら勇気を出して一歩を踏み出して欲しいなと思っています。

 

とはいえ、やっぱり不安になりますよね。

 

 

そんなあなたのために自己紹介も兼ねて、私のプロフィールを書きました

 

カウンセリングを受ける場合、カウンセラーである私との相性がとても大切になります。

文章からも人柄や想いは伝わる」

と私は思っています
ぜひ、あなたの直感を信じて下さい。

 

 

私がこれまでどんな風に生きてきて、どのように悩み 生きづらさをどうやって克服したのか…そのすべてをまとめたプロフィールです。

どうぞお時間をつくってご覧下さい。

 

 

プロフィール

私は今、愛着トラウマやアダルトチルドレンを克服したい人専門のカウンセラーとして活動させて頂いています。

そして、私自身も過去にアダルトチルドレン特有の生きづらさに悩み 愛着のトラウマを克服した一人です。

 

 

自分の心の問題にハッキリと気づけたのは30歳過ぎてからでした。

それまでアダルトチルドレンや愛着障害の存在は勿論のこと「自己肯定感」という言葉すら知らずに生きてきました。

とはいえ、それまで生きづらさを感じていなかったわけではなく たくさん問題はあったけど 心の病気に至るまではなく いわゆるグレーゾーン。 当時の私の心はギリギリ紙一重の状態でした。

 

そんな私が、アダルトチルドレンや愛着障害の傾向にあると気づけたきっかけは二つあります

ひとつは、結婚・出産し「夫や子どもをうまく愛せない」という問題に直面したこと

特に娘の子育てを通じて それまで無自覚だった心の問題がどんどん浮き彫りになっていきました。

 

 

そしてもう一つは「SNS集客を始めたこと」でした。

その頃、既に自宅の一角で小さな美容室を開業していた私は セラピストという新しい世界に足を踏み入れたことをきっかけにブログを書き始めました。

 

ブログを書き始めたことで 世界は大きく広がり 人生がどんどん好転し、思いもかけないことが たくさん起こりました

けれど、それと同時に

嫉妬や劣等感を感じやすい

失敗することがとても怖い

必要以上に自分を良く見せようとする

人から必要とされない自分には価値がないと思う

など…


自己肯定感の低さを思い知らされるような問題も山ほど出てきたのです。

その後、追い討ちをかけるかのように
社会不安障害を発症。

 

 

私は突きつけられた自分の問題を何とか克服したくて、自己啓発・占い・スピリチュアル・心理学・潜在意識など 心の学びにどんどんはまっていきました。

 

特に心理学を学ぶ上で「ハッと」させられることがたくさんありました

過去の私の言動を振りかえると、アダルトチルドレンの特徴に当てはまっている事ばかりで、愛着障害の傾向も強く出ていました。

そして、それらの問題の原因の多くが「幼少期の親との関係性や、育った環境にある」ということに気づかされたのです。

 

 

自分の心の問題にハッキリと気づけた私は、その後 数年かけて過去を振り返り とことん自分の内面と向き合い続け

「弱い自分を変えたい」
「強くなりたい」

その一心で、セミナーに参加したり資格を新たに取得したり、動画配信や講座やワークショップを主催するなど

やりたいと思ったことは、自信がなくても怖くても まずはやってみる

この精神で自分が決めた限界の枠を越えようと頑張り続けました

 

けれど最終的に克服に繋がったのは スキルアップでもチャレンジすることでもありませんでした。

 

私は一番大切なものを見落としていたのです

 

大切なものとは何だったのか…
それは「自己受容」です

自己受容とは「心の土台」とも言えます。

 

私は心の土台が不安定なまま頑張っていたから、いつまでも不安や恐れを感じうまくいかなったんですね。

 


見落としていた大切なことに気づけると、
子育ての悩みをはじめ今まで抱えていた生きづらさは、すべてスルスルっと驚くほどに解決していきました。

 

アダルトチルドレンや愛着の問題は ただ頑張るだけでは解決しません

本当のあなたを取り戻し、他の誰のものでもない自分の人生を生き直すためには

 

自己受容感…つまり「どんな自分もありのままに受け入れる感覚」を育むことが先決です

自己受容は心の土台です

安心という土台があるから 人はチャレンジしたり前に進むことが出来るのです

 

そして、安心感を育むには適切なサポートも必要です

本気で変わりたいあなたを私は全力でサポートしていきます。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます

ザックリではありますが私のこれまでの人生を このプロフィールにまとめました。

とはいえ、この短い文章の中で私の生い立ちを語ることは難しい所です。

 

長文になりますが 幼少期からの生い立ちをはじめ、もっと詳しいプロフィールを書きました。

こちらを読んでいただければ、アダルトチルドレンや愛着障害に至るまでの経緯や克服までの詳しい内容を知っていただけます。

私の経験が あなたの悩みを解決するヒントになるかもしれません

興味がある方は このまま読み進めて頂けると嬉しいです。

 

 

もっと詳しいプロフィール

「私はいらない子」幼い私が負った心の傷

私は 福岡県の田舎町で
父、母、弟の四人家族の長女として生まれました。

2歳違いの弟が生まれて間もなくして、私は一人 父方の祖母の家に預けられ、2歳から幼稚園入園前までの間、親元を離れて育ちました。

 

祖母は、しつけに厳しく教育熱心な人でした。祖母と暮らした中で楽しかった思い出は数少なく 私の記憶に残っている事と言えば

読み書きを教えられたことや、おねしょをする度にお灸をされていていたこと

今でもその光景が目に浮かぶほど…お灸は本当に嫌で怖かった。

 

家族に会えない寂しさ…特に母に会えないことがとてもつらくて早く家族のいる家に帰りたかったけれど

幼い私にはどうすることも出来ず、祖母のもとで母の迎えを待つしかありませんでした。

「どうして私だけ預けられたの?」

「私はいらない子だったんだ」

と、思いました。

 

私にとって この出来事が初めて負った心の傷です。

そしてこの傷が「トラウマ」となり、その後の私の人生に大きく影響を与えることになるとは…思いもしませんでした。

 

 

凄いねって言われる自分でいようと決めた幼稚園時代

幼稚園に入園するタイミングで家族の住む母方の祖母の家に戻ることができました。

 

ある日、私が絵本を読んでいると

母や祖母たちは とても驚いて「まだ幼稚園生なのに絵本が読めるなんてスゴイね」と褒められたことがありました。

 

私は褒めてもらえたことがとっても嬉しくて、特に母が喜んでくれたことが嬉しかったんですね。

けれど その時こうも思ったんです。

「喜んでもらえる自分でいれば もう預けられることはないかもしれない」

 

大人になった私には「人に認められたい」と過剰に思ってしまうところや、期待されると つい頑張り過ぎてしまう癖がありました。

過剰な承認欲求や頑張り癖は、幼い私が自分を守るために決めたルールだったのだと、今の私には理解が出来ますが もちろん当時の私がわかるわけがなく

その後も着々と強固な頑張り癖を形成していくことになります。

 

ギャンブル依存の父と頑張り屋さんの母

幼稚園の年長の頃、母方の祖父の家を出て家族四人の生活が始まりました。

父親との良い思い出は全くと言っていいほどなくて、覚えている事と言えば

定職に就かずパチンコばかりしていた事

機嫌が悪くなると八つ当たりされていた事

理不尽に叱られ髪の毛を引っ張られ悲しかった記憶

そんな父が怖くて父の顔色を伺い機嫌が悪くなると弟と押し入れに隠れました。

 

母はとても頑張り屋さんで育児 家事 全部を一人でこなし、働かない父の代わりに家計も支えていました。

母はいつも忙しく親子のスキンシップは殆どありませんでした。いつも弟と二人で寂しかった記憶があります。

 

家族四人の生活は長くは続かず 気丈に振る舞う母も次第に弱っていきました

見兼ねた祖父や叔父が母を説得し 強制的に実家に戻ることになりました。

父がパチンコに行ってる隙に出来る限りの荷物をトラックに詰め込み逃げるように家を出ました。

私達がいなくなったことに気づいた父は、すぐに祖父の家に連れ戻しに来ましたが 母に会わせることなく祖父が追い返していました

そんな光景を見るのもとても怖かった記憶があります。

 

両親の離婚、母が行方不明になる大事件が起こる

小学二年生の時、両親は正式に離婚
私たち家族は母方の祖父の家に住むことになりました。

離婚当時、母は心身共に衰弱していました

そして忘れもしない突然 母が行方不明になるという大事件が起こりました

 

祖父や祖母が必死になって母を探す姿を 私は部屋の片隅で見ていました。

結局、数日後に無事に帰ってきましたが「あの時は死ぬつもりだった」と大人になってから聞きました。

「母が帰ってこないかもしれない恐怖や不安」を経験した私は、ますます母に依存していきました。

 

 

いい子でいようと努めた小学生時代

小学生の頃の私は いわゆる「いい子」でした。

母に迷惑をかけないように出来る限りワガママを言わないように色んなことを我慢しました。

 

お絵描き 塗り絵 編み物など 屋内での遊びが好きだったけれど、祖母にいつも「天気のいい日は外で遊びなさい」と言われ 我慢して外で遊びました。

やりたかった習いごと
髪を長く伸ばしたかったこと
犬や猫を飼いたかったこと
見たかったテレビ番組

「ダメ」と言われて全部諦めました。

 

母や祖母の言うことを聞いて こんなに良い子にしているのに可愛がってもらえるのは、いつも弟でした。

姉弟喧嘩をすると いつも私が怒られました。

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」
「お姉ちゃんなんだから譲ってあげなさい」

と…言われることはいつも同じ。

 

 

弟と自分を比べて愛情の差を感じて本当に寂しかったし

「何で私ばっかり…」
「どうせ私は…」

と、どんどん卑屈になっていきました 弟のことを憎らしく思うこともありました。

当時「母子家庭」はまだ珍しく時々ある父親参観がとても嫌でした。

他の子たちはお父さんが来てるのに 私はいつもお母さん。嫌だったけれど お母さんを悲しませたくなくて平気なふりをしました。

 

また母は母で、離婚して出戻りということで肩身の狭い思いをしているようでした。

そんな母を困らせるようなことだけはしたくないと、子供ながらに思っていました

こんなに頑張ってるのに報われないことが 悲しくて仕方ありませんでした。

 

 

そんな私の心の拠り所は、母の妹…「叔母」の存在でした。

年に何度かの叔母の帰省が私の唯一の楽しみでした

叔母はとても優しく私と弟とわけ隔てなく接してくれて 私の話を一日中聞いてくれました  叔母のおかげで心が救われました。

 

 

近所の同級生からのいじめ

小学生時代には、もう一つ つらい出来事がありました

近所の同級生の子からのいじめです
近所の子は女子の中でボス的な存在でした。

 

その子から仲間外れにされたり、私の顔を見ながら あからさまにヒソヒソ話をされたり、みんなの前で笑いものにされたり…

長い間いじめられ本当につらかったです。

 

つらかったけれど、余計な心配をかけたくなくて母にも家族にも言えませんでした。

親に言うと「余計にいじめられるのではないか、仕返しが怖い…」という理由もあったと思います。

 

いじめから抜け出せたのは、当時の担任の先生のおかげでした。先生への御恩は一生忘れません 本当に感謝しています。

 

 

友人に恵まれ 恋愛に依存した学生時代

こうして振り返ると、私の幼少期には「つらい・さみしい・悲しい出来事ばかり」がギュッと詰まっていますね。

 

けれど、大人になった私は幼少期のことをスッカリ忘れていたのです。

それは何故かというと幼少期以降の私は人のご縁にとても恵まれたからです。

特に中学生時代の友人たちには本当に救われました。

親との関わりの中で知ることが出来なかった愛着(人との絆)は友人達が教えてくれたといっても過言ではありません。

そのくらい 嬉しいことがあったとき、つらいとき、悲しいとき、どんな時も 友人達が傍にいてくれました。

 

親子関係の中で得られなかった安心感を 友人達のおかげで手にした私は、母を求めなくなりましたが

その代わりに恋愛に依存するという新たな問題がでてきました。

 

 

初めて付き合った彼氏は束縛が激しい人でした。
男友達とは一切話してはいけない、気に食わないことがあると、今でいうDV的な事をされたり…

けれど束縛されることも芯から嫌だとは思えず、むしろ「私のことをこんなに思ってくれているんだ」と嬉しく思ってしまう自分がいました。

 

 

その後の恋愛も こじらせることが多く

彼氏とうまくいかなくなると「何も手につかなくなる・眠れなくなる・食欲がなくなる」というように、恋愛に一喜一憂していました。

ハマると周りが見えなくなって「都合のいい女」から抜け出せないこともありました。

 

この他にも恋愛における謎のマイルールがあって

「必ず相手から告白してもらう」
「彼よりも自分の方が優位でいたい」
「相手の愛情を試すような事をする」

など、こじらせ要素は満載。

 

当時は全く自覚がなかったけれど、私の愛し方には問題点がたくさんあり 愛着障害の特徴もかなり出ていることも今となっては良くわかります。

 

 

アダルトチルドレンの特徴が役立った美容師時代

高校卒業後は夢だった美容師の道に進みました
社会人になってからも恩師・同僚・後輩に恵まれ順風満帆な生活を送りました。

 

アダルトチルドレンの特徴である

人から認めてもらいたい気持ちが強い

誰かの役に立ちたいと過剰に思う

人の目や評価を気にする

手を抜けず頑張り過ぎてしまう

 

これらの特徴のおかげで、周りから信頼を得られたり 相談されたり リーダーを任されたりと仕事で良い評価を得ることが多かったです。

期待されるから頑張る

劣等感を感じたくないからもっと頑張る

頑張るから評価される

 

仕事面ではプラスに働くことが多かったので、自分の心の問題に全く気づけずアダルトチルドレンの要素を どんどん強固なものにしていきました。

 

 

22歳で思いもかけない妊娠

22歳の時、現在の夫との間に娘を授かりました。

正直、想定外の妊娠で戸惑いはあったけれど 夫とは学生時代からの長い付き合いだったし

「この人となら きっと大丈夫」そう思えたから 子供を産んで二人で育てて行こうと決めました。

 

一番の決め手は「夫の前では素の自分でいられること」でした

優しく温厚な性格の夫は いつも沢山の人に囲まれていました。

 

夫の家族は、みんな温かい人たちばかりで、私を とても可愛がってくれました

「息子と結婚してくれてありがとう」「直子ちゃんがお嫁さんで本当に良かったよ」と度々言ってくれました。

褒められ慣れてない私は「ありがとうございます」と素直に受け取れず

「私はお義父さん達に感謝されるようなこと何も出来ていませんから」と、返すことしか出来ませんでした。

 

「何もしなくても ありのままで愛される」ということが 当時の私には理解できなかったのです

夫の家族と出会って「家族とはこういうものなのかな…」とうっすら感じ始めていました。

 

家庭環境の違いを知り歪んでいく心

結婚してから、自分の家族と夫の家族を比べて劣等感を感じることが増えていきました。

私はこれまで「寂しい」と感じることはあっても、母や祖母たち それから育った環境を恨んだことはありませんでした。

 

母は女手一つで私達姉弟のことを 何不自由なく育ててくれましたし

幼少期に私を預けたことも 「やむを得ない事情があったんだろう」と自分なりに理解しているつもりでした。

厳しかった祖母も「しつけ」として言ってくれていることが子供ながらに理解できたからです。

 

けれど、絵にかいたような温かい夫の家族といると どうしても比べてしまうのです。

夫の家族が正解
自分の家族は欠陥だらけ

自分の家族に対して苛立ちや 恥ずかしさすら感じるようになっていきました

 

 

誰からも愛される夫を見てると
「こんな温かい家庭で育てば 穏やかで温厚な人になれるんだろうな」と思いました。

私が、きつい性格に見られてしまうのも ひねくれた性格になったのも「全部お母さんのせいだ、育った環境のせいだ」と思いました。

そして親に対して そんな風に思ってしまう自分は最低だとも思いました

どこにもぶつけることの出来ない 行き場のない思いに苦しみました。

 

 

「旦那さん 優しくて本当にいい人だよね 羨ましい」と、どこに行っても 夫を褒められました。

その度に「それに比べてあなたはダメね」と言われているような気がして勝手に落ち込みました。

 

私は次第に 夫にさえも強い劣等感を抱くようになっていったのです。

 

どんどん浮き彫りになっていく心の問題

偏ったこだわりがあり完璧を求めてしまう性格だった私は、家庭と仕事のバランスを上手にとることが出来ずにいました。

人を頼ったり甘えたりすることも苦手だったため、全部ひとりで背負い込んでイライラや不満を勝手に溜め込んでいきました。

 

夫は相変わらず優しくて

「疲れてる時は無理して家事をしなくて大丈夫だよ、ご飯も お弁当でいいよ」

「気晴らしに友達と飲みに行っておいでよ」

と、いつも気遣ってくれました。

 

けれど、そんな夫の優しい言葉も無神経に感じて

「お弁当だってタダじゃないんだし」
「飲みに行くにしても晩御飯準備していかないといけなにのに」

と、イライラしました

頼まないと手伝ってくれない
「察してくれない夫」に不満がどんどん募っていきました。

 

普段は自分の意見をハッキリ伝えられるのに

「助けて欲しい」
「手伝って欲しい」

の一言が何故か言えない
夫なのに家族なのに 弱い自分を見せられない

あからさまに不機嫌な態度をとって相手に気づかせる事でしか、自分の本音を伝えることが出来ませんでした。

 

この本音を言えない問題にも「幼少期のトラウマが関係していた」ということも、随分あとになって気づき驚きました。

 

 

子供をうまく愛せない

娘が生まれるまで
「子供が苦手な私が 我が子を可愛いと思えるのだろうか?」
漠然とした不安がありました。

けれどそんな心配はいりませんでした
生まれたばかりの我が子をこの手に抱いた瞬間から娘のことが愛おしくてたまりませんでした。


「片時も離れたくない」そんな気持ちになりました。

 

娘は両家にとって初孫だったこともあって 家族みんなから溺愛されました。


みんなに可愛がってもらえることは嬉しいこと

それなのに、私以外の人に抱っこされるたびに娘を奪われてしまうような気持ちになりました。

パパっこの娘をみると
夫にも嫉妬心が芽生えたりもしました

今まで感じていなかった感情が次から次へと湧いてきてとても戸惑いました。

 

そして娘の出産から四年後
息子が生まれました。


娘は幼い頃の私と同じ「お姉ちゃん」になりました。

ここから私の子育ての歯車はどんどん狂い始めました。

 

小さい頃、弟ばかり可愛がる母や祖母を見て「私が親になったら、こんな風には絶対にならない」

そう心に誓ったはずなのに、気づいたら母そっくりな自分になっていました。

 

息子が生まれてから 何故だかわからないけど 娘とのスキンシップに抵抗を感じるようになっていきました。

 

娘は私に ママの絵を書いてプレゼントしてくれたり「ママ大好き」と、たくさん言ってくれましたが

素直に喜べない、抱きしめてあげられない最低な自分がいました。

 

娘はとてもいい子
そして間違いなく私にとって愛おしい存在

「それなのになんでなの?」
「どうしてこんな気持ちになるんだろう」

と、不思議で仕方ありませんでした。

どうして私は
周りのお母さんみたいに出来ないの?

「私はなんて冷たい母親なんだろう」
「私は最低な母親だ」

と罪悪感でいっぱいになりました
自分のことをたくさん責めました

 

母親を求める娘の姿は 幼い頃の私そのものでした。

娘に対して感じていた嫌悪感やイライラはきっと無力だった幼い頃の私自身に対してのものでした

私は娘に幼い頃の自分を重ねて見ていたんですね。

 

キレたくないのにキレてしまう 感情的になる自分を止められない

ちょうど30歳の時、自宅の一角に小さな美容室を開業しました。

仕事は順調でしたが子育てには相変わらず悩んでいました。特に娘との関係性はこじれていく一方でした。

 

自我が芽生えた子供が自分の意見を主張するのは当然のこと。

けれど当時の私は、子供たちの想いを尊重するどころか 自分の思い通りにコントロールしようとしていました。

 

そんなことにも全く気づかず

「大人になって困らないように」
「危ないから」
「笑われるから」
「子供たちの為なんだから」

私は良かれと思って言っているんだ
そう信じて疑いませんでした。

 

親としての間違った責任感や支配欲はどんどんエスカレートしていきました。

この頃、私の顔からは笑顔は消え

「いつも私が我慢している」
「何でイライラさせるの」

と、被害者意識ばかりが強くなり 夫や子ども達を思いやる気持ちは全くありませんでした。

 

次第に娘は自分の意見を言わなくなりました。

「言ったところでママは聞いてくれない、どうせ否定されるだけだ」

と思ったからでしょう

 

けれど、そんな娘の態度が私のイライラを更に増幅させました。

些細な事でも
カーッとなって怒鳴ってしまう
キレてしまう自分を止められない

感情的になってしまう自分のことが怖くなりました

 

娘を叱るときは 夫にお願いしました

このままでは娘の心を潰してしまうのではないか…私が話すよりも優しい夫の方がいいに決まってる…

そう思ったからです。

 

この頃の私は完全に自分を見失い、怒りの感情を抑えることができず…でもどうすることもできずにいました。

 

セラピストの世界との出会いが大きな転機となる

開業の疲れもあってか私は体調を崩すことが増えていきました。

体質改善のために始めた「よもぎ蒸し」で驚きの効果を感じた私はセラピストの世界に興味を持ちはじめました。

まず、よもぎ蒸しについて学び、リンパマッサージのスクールにも通い始めインストラクターの資格も取得しました

美容師一筋で生きてきた私にとって新たな世界は とても新鮮でした。

 

もちろんスクールに通うことを簡単に決めたわけではなく、主婦の私が自分のために お金を使うことに罪悪感を感じ決断するまで時間がかかりました。

 

そんな私の背中を押してくれたのは
夫でした

「やりたいんやろ?」
「自分のやりたいこと我慢することないやん」

と、応援してくれたのです。

 

母子家庭で育ったけれど 母のおかげで、お金に苦労することはありませんでした。

ですが、「お母さんに迷惑をかけたくない」と思うことが多く お金の面でも我慢してしまうことが多かったのです。

 

だからか、大人になっても「お金が減る イコール 不安」みたいな感覚が根付いていて、

夫から「飲み会や人付き合い等に使うから」と、お金を催促される度に 何故か嫌な気持ちになったり、夫婦の金銭感覚の違いから私が一方的にイライラしてしまうことが多く

夫婦喧嘩の原因の大半はお金に関する事でした。

 

 

その度に夫に嫌な思いをさせてきたにも関わらず

文句ひとつ言わず応援してくれる夫の優しさに、私の固まった心が緩まっていくのを感じました。

夫だけでなく両親や子ども達も皆「やりたいことはどんどんやった方がいいよ」と心から応援し 率先して協力してくれました。

 

新たな学びを始めたことで沢山の良縁にも恵まれ 家族にも応援してもらえて 毎日楽しくて仕方ありませんでした。

自分の心が満たされたことによって、いつもイライラ しかめっ面だった私の顔にも笑顔が増えていきました

それだけでなく家族にもいい連鎖が生まれ家の中が明るくなっていきました。

 

この経験から

「我慢や犠牲からは何も生まれない」

「自分の心が満たされて初めて人に優しくなれるんだ」

ということに気付かされました。

その後も私は止まることを知らず、周りの人も驚くほど目まぐるしく変化し続けていきました。

 

自分の過ちに気づけた瞬間

ある日、とある講座で たまたま隣の席に座った人から「今度、面白いセミナーがあるんだけど参加してみない?」と誘われ 興味を持った私は行ってみることにしました。

このセミナーこそが、自分の心の問題に気づき 娘との関係性を修復するキッカケとなった「個性心理学」との出会いでした


個性心理学とは、人間の個性を12匹の動物キャラクタ―に当てはめ 更に60分類キャラクターに細分化し 誰にでもわかるイメージ心理学として体系化した統計学であり学問です。

人の性格・行動パターン・才能など、詳しくわかることから 有名企業が人事に活用していたり、円滑な人間関係を築くために役立つコミュニケーションツールとして海外でも親しまれています。

 

個性心理学で自分の個性は勿論のこと 家族の個性を知った私は愕然としました。

 

自分ばかりが我慢していると思っていたのは、とんでもない間違いでした。

私は家族がストレスに感じる事ばかりしていて、特に娘の才能を伸ばすどころか潰してしまうような言動ばかりしていたのです。

 

「家族の方が我慢してくれていたんだ、私はずっと守られていたんだ」ということにやっと気づけたのです

被害者意識が強かった私が、自分の過ちに気づき これまで支えてくれた家族や友人たちに 心から感謝できた瞬間でした。

 

個性心理学を知ってから 自分のこれまでの行いを反省し、自分自身を変える努力を始めました。

この出来事をきっかけに「もっと詳しく学んでみたい」そう思った私は、個性心理学カウンセラー・認定講師の資格を取得し個性心理学を活用したカウンセリングをスタートさせました。

 

やっと気づけた 生きづらさの原因

少し前からブログを書き始めていたこともあって、個性心理学セッションをリリースすると同時に沢山の方からお申込みを頂きました。

これまで200名以上の個性をみさせて頂きましたが、私のところに来て下さる方には ある特徴がありました。

 

その特徴とは
生まれ持った性格・才能を活かせてないこと

また開運方法を知ってもメンタルブロックが強く行動に移せない」という事例がとても多くありました。

 

そして、それらは私自身も感じていた事でもありました。

お客様のお悩みを聞き アドバイスするたびに「あれ?これって私にも言える事じゃない?」と思うようなシーンが多くあり

過去の私にそっくりな人ばかり引き寄せるという不思議な現象が起こったのです。

 

お客様の悩みや気持ちに寄り添うたびに自分自身が癒されているのがわかりました


深い癒しを感じる中で疑問に思うことも増えていきました

「うまくいく人と、そうでない人は何が違うのだろう?」

「生まれ持った才能を知って 人生変えていける人と そうでない人は一体何が違うのだろう?」

 

私は「もっと人の心の仕組みを知りたい」と考えるようになりました。

探究し続ける中で

インナーチャイルドやアダルトチルドレンの存在を知り 「親との関係性や育った環境に答えがある

という結論に辿り着きました。

 

ここから、心の奥にしまっていた幼少期を振り返り 自分の内面と向き合う日々が始まりました。

 

突然発症した社会不安障害

仕事は忙しかったけれど毎日がとても充実していて、家族との関係性も安定しつつありました。

どんどん行動し、インストラクタ―としての講師活動 セラピストスクール SNSの投稿など… 人目に触れる機会が増えていきました。

当時の私はノリに乗っていました 全てのことが恐いくらいに順調で本当に楽しかった。

けれど、それと同時に劣等感や焦りも感じていました

 

SNSを始めたことによって「自分の自己肯定感の低さ」を痛感していたのです。

イイねやフォロワー数に
一喜一憂してしまう

周りの人の活躍を見て焦る

嫉妬や劣等感

自分と人を比べて
自分はダメだと思ってしまう

 

 

劣等感を感じてしまう弱い自分が嫌でたまらなくて、「劣等感を感じたくないからもっと頑張る」というように気づかないうちに自分を追い込んでいました。

 

人間の身体は正直です
自分の気持ちを無視して頑張り続けたことで身体に異変が起こりました

人前に立つと過剰に緊張し 動悸 冷や汗 手が震えるなどの症状が出始めたのです。

特に酷かったのは人前だと手が震えて字が書けなくなる書痙(しょけい)の症状でした。


発症から克服まで
詳しくはこちらの記事に書いています

心の病を私たちはこうして乗り越えました【#私の場合】社会不安障害・発症から克服まで 過去の私の悩みのひとつ社会不安障害(SAD) 社会不安障害で起こる主な症状には 極度のあがり症...

 

弱い自分を変えたい その一心で行動し続けた日々

突然発症した社会不安障害にくじけそうになりながらも

「このまま終わりたくない」
「弱い自分を変えたい」

その一心で 私は頑張り続けました。

 

この頃からブログの発信内容は変わり、幼少期のこと社会不安症害のことなど ありのままを発信するようになっていきました。

 

すると、ありのままを綴ったブログが読者の共感を呼び

「私も同じことに悩んでいます」

「いつも勇気をもらっています」

「直子さんのブログのファンです」

など…同じ悩みを抱えている人たちから有難い声を頂くようになり 実際に会いに来て下さる方が増えていきました。

(当時はアメブロで発信してました)

 

一番驚いたのは、遠方や県外からも会いに来て下さる方もいたこと

「私の幼少期の経験や つらかった過去が 誰かの役に立つんだ」

「こんな私でも誰かの役に立てるんだ」

と思いました。

 

次第に「ブログの書き方を教えて欲しい」という声も頂けるようになり、ブログ講座も主催することになりました。

ブログ講座は口コミで広がり 延べ60名の方が受講してくれました。

 

その後も、不安を感じながらも挑戦し続け 資格取得やスキルアップに励みました。

過去の私とは比べものにならないくらい 成長できたことも感じていました。

 

「もう私は大丈夫」
「自己肯定感も上がった」

何度もそう思いました

 

けれど、

いつか誰からも
必要とされなくなる日が
来るかもしれない

頑張ってないと
自分を認めることが出来ない

いつも追われている感覚

 

この不安が消えることはなかったのです。

 

見落としていた一番大切なもの

いつまでたっても消えない不安
自分への過剰な期待と挫折を繰り返す日々

そんな生きづらさを克服できる瞬間は、極々平凡な日常の中でやってきました。

 

 

自信がなくても怖くても
まずはやってみる

この精神で、自分が決めた限界の枠を越えようと頑張り続けたけれど

最終的に克服に繋がったのは スキルアップでもチャレンジすることでも ありませんでした。

私は一番大切なものを見落としていたのです。

 

大切なことに気づく きっかけをくれたのは「娘」でした。

その頃、こじれてしまっていた娘との関係性も随分と修復し 一緒に過ごす時間や会話も増えていました。

 

ある日 娘との たわいもない会話の中で、自然と私の幼少期の話になり そこから娘が小さかった頃の話になりました。

「悲しい思いをいっぱいさせたよね」

「こんなお母さんでごめんね…っていつも思ってたよ」

「あの頃は本当にごめんね」

と、伝えました。

 

胸の中に ずーっとありながらも今まで伝えられなかった母としての想い…でした。

 

 

すると娘は、私にこう言ったんです

「嫌な思いをしたこともあったけど 私はママに謝ってもらうような可哀そうな子じゃないよ」

 

その言葉を聞いた瞬間

涙がとめどなく溢れて止まりませんでした。長年感じていた罪悪感を やっと手放せる気がしました

そして、ずっと娘に重ねて見ていた 幼い頃の私も「良かったね」とニッコリ笑っている気がしました。

 

 

その日を境に、私の中の何かが変わり

今まで見えなかったことが どんどん見えるようになり 物事を違う視点で見れるようになっていきました。

 

これまで感じていた「不安」の原因も

なぜ劣等感を感じてしまうのかも

なぜこんなに失敗が怖いのかも

頑張っているのに自分を認められない理由も

 

全部、幼少期のトラウマに繋がっていることに気づけました。

幼い頃、祖母の家に預けられた あの時から すべては始まっていて

母親に見捨てられる不安
自分はいらない子
ありのままの自分では愛されない

愛されないことへの不安や恐れの感情が すべての原因だったのだと、やっと理解が出来たのです。


不安や恐れを感じながら これまで一生懸命 生きてきたのかと思うと

「つらかったね」
「寂しかったよね」
「これまで良く頑張ったね」

と、自分を労う気持ちでいっぱいになりました

 

頑張っても頑張っても 自分を認めることが出来なかった私が、初めて自分を肯定できたのです。

 

これまで ずっと

「弱い自分は嫌だ」
「強くなりたい」

そう思って頑張ってきたけれど 私に必要だったものは「強さ」ではなく

「自己受容」つまり「ありのままの自分を許し、認めることだったのです

 

私は、家族との絆を新たに築き直せたことで「家族がいれば何があっても大丈夫」と思えるようになりました。

ありのままの私を受け入れ、安心という心の土台を得ることができたことで、正体不明の不安や恐れから やっと解放されたのです。

 

失敗しても大丈夫
そんな安心感があるからこそ
人は皆、チャレンジできるようになる

完璧な人なんていない
未熟な自分や弱い自分を許し受け入れることで 前に進む勇気をもてるようになる

 

この大切なことに気づけるまで
私は本当に遠回りをしました

長い長い道のりでした。。。

 

最後まで読んで下さった あなたへ

長い長いプロフィールを読んで下さり本当にありがとうございました

 

現在の私は、

自分を守るために身に付けていた幾つもの鎧を脱ぎ捨て

肩の力を抜いて ありのままの私で 毎日穏やかに暮らせています。

娘は大学生になり養護教諭を目指して頑張っています。学校で心理学も学んでいるようで親子で心理について話すこともあります。

娘の相談にのったり、一緒に買い物やランチに行ったり…と、幼い頃に築けなかった親娘関係を今も育み続けています。

 

思春期真っ只中の息子の子育てに 悩むことも勿論あるけれど の私なら何があっても大丈夫だと思えます。

何故なら私は一人じゃない」そう思えるようにかったからです。

夫や義父・義母は相変わらず優しく愛に溢れています 母とも良い関係性を築けています。

これまで色んなことがあったけれど 私は今 とても幸せです

 

 

「頑張っているのに報われない」

「知識は たくさん得てる筈なのに自信が一向に持てない」

「何度も繰り返し同じような問題が起きる」

 

このような悩みを抱え、何とか解決しようと頑張るけれど 改善するどころか こじれる一方で悪循環に陥っている方が多くいます。

 

こういった悩みの原因の大半は「幼少期の育った環境」にあり

また多くの人が本当の原因に気づかずに間違った方向に頑張り続けています。

 

 

過去の私のように自分の心の問題を自覚できていないがために、

苦しまなくていいことに苦しみ続けたり、夫婦関係や親子関係が破綻してしまうなど

悲しい結果になってしまうケースも多くあります。

 

愛着障害やアダルトチルドレンは親から子へ「連鎖」する

愛着障害やアダルトチルドレンは 悲しいことに世代を越えて受け継がれるケースが多くあります。

後から わかったことなのですが 私の家族も世代間で連鎖していたケースでした。

 

生き別れになった父も、祖母から過保護に育てられ 結果、大人になっても自立することが出来ずギャンブル依存に苦しむことになりました。

 

母もまた、体の弱かった祖父の代わりに家計を支えていた祖母の姿を見て育ち

幼い頃から祖母の代わりに炊事・洗濯を任されたりと、子供時代を子供らしく過ごすことが出来ずに苦労して育ったようです。

私も生きづらさを抱え生きてきましたが、弟もまた事業に何度も失敗したり 病気を患ったりと波乱万丈な人生を歩んできました。

 

アダルトチルドレンが抱える愛着の問題は 気づかないうちに親から子へ連鎖していきます

こういった
悲しい不幸の連鎖をなくしたい
この強い思いが、カウンセラーとしての原動力になっています。

 

 

アダルトチルドレンや愛着の問題は ただ頑張るだけでは解決しません。

本当のあなたを取り戻し、他の誰のものでもない自分の人生を生き直すためには

自己受容…つまり「安心」という「土台」を育むことが先決です

 

 

世代間連鎖を断ち切れるのも

あなたの人生を変えられるのも

「あなただけ」です


どうか勇気を出して未来への一歩を踏み出して下さい

 

本気で変わりたいあなたを私は全力でサポートしていきます

どうぞ安心して何でもお話下さいね。

 

お申込みはこちらから


詳細はこちらへ↓

愛着トラウマを克服したいアダルトチルドレンのためのカウンセリング はじめまして 心理カウンセラーの 松尾直子です。 カウンセリングルーム・ポポラスでは、 ...
料金・ご予約 ご予約からカウンセリングまでの流れ ①お申込みフォームで必要事項を入力後に送信して下さい。ご入力いただいたメールアドレス宛...