幸せになりたいあなたへ

人生を変えるために、まず最初にやるといいこと。

傲慢で、劣等感の塊で、自己肯定感が低かった私が変われたキカッケは…

◎独立、開業したこと
◎四柱推命、個性心理學との出会い
◎斎藤一人さん、ワタナベ薫さんとの出会い

この3つがターニングポイントでした。

私に影響を与えた二人の実業家斎藤一人さんと、ワタナベ薫さん

お二人の本との出会いが私を大きく変えてくれました。

斎藤一人さんの本も、ワタナベ薫さんの本も大好きで何冊も持っています♡

 

一人さんは私に行動するキッカケを与えてくれましたが、

ワタナベ薫さんは、私の凝り固まった思考の転換と思い込みの枠を外してくれた方です。

 

私は昔から「○○べき」思考が強い女で数々のマイルールに縛られて生きていました。

その凝り固まった思考を、どんどん溶かして解放してくれたのがワタナベ薫さんでした。

薫さんの言葉は私にとって目から鱗なことばかり

 

ワタナベ薫さんから教えていただいた数々のマインドを私の全ての経験や、そのとき感じていた心の葛藤なども交えながら少しずつ紹介していこうと思います。

 

人生を変えるために、まず最初にやるべきこと

私の人生が動き始めたきっかけ

あなたは今の自分に満足していますか?
今の自分を好きだと言えますか?

 

過去の私は、自分の人生に不満を感じることはなく好きな仕事に就き、結婚もして子供もいて、それなりに幸せだと思っていました。

それなりの幸せは掴んでいたけれど…
自分のことを「好きだ」と言えない人生でした

 

 

そんな私が、自分の人生を本気で変えたい!と
思うようになったきっかけは、娘の子育てにつまづいたからだったのですが…

そのころから自分の人生に疑問を感じはじめ、
それと同時に仕事の内容もどんどん変わっていき

いい意味で自分の人生に不満を持つようになっていきました。

もっと自分を高めたい!
今の自分で満足したくない!

と、じわじわと欲求が溢れだし新しい自分に出会いたいと感じるようになっていたのです。

 

「人生の質を高めていきたい」
そう願い始めた頃にベストなタイミングで出会えたのがワタナベ薫さんの本でした。

生きづらさを感じている人の特徴

人生がうまくいかなかったり…
対人関係で嫌なことがあったとき…

人生に生きづらさを感じている多くの人が
「相手に原因がある」と、考えがちです。

 

「あの人は何で、あんな嫌なことをするんだろう?」

「なんで、あんな嫌な言い方しかできないんだろう?」

 

こんな風に相手に非があると考えてはストレスを感じる…

 

もしくは、こういうケースもあります。

「あの人が嫌なことを言ってくるのは、私に原因があるからだ…私が悪いんだ」

と、どんどん自分を追い込んでいくパターン。

 

こんな思考でいたら、どちらの場合も対人関係での悩みは尽きることはないし

その結果、自分が望む幸せな人生とは程遠い
誰かに合わせた人軸の人生を生きていくことになります。

生きづらさを感じている人の多くの悩みは「対人関係」ですから…ここを見直す必要がありますよね。

 

どう生きるかは自分で決められる

ワタナベ薫さんに教わったマインドの中で
今の私の土台になっているものがあります。

 

このマインドは
生きづらさを感じているあなたが

本気で人生を変えたいと
思っているのなら

必ず必要なものです

 

そのマインドとはこちら↓

◎自分の人生は「自己責任である」と自覚していること

 

今、自分が置かれている状況は、すべて自分の選択と決定によってつくられてきたと、理解してること

 

自分が望めばどんな自分にもなることが出来て、自分は無限の可能性に満ち溢れていると知っていること

 

どうですか?
このマインドの在り方を知って
あなたは、どう感じますか?

 

大切なことは…わかっているようで、わかっていない

このマインドの在り方を初めて知ったとき、私はどんな風に思ったか?というと…

「コレって当たり前のことだよね」

と、感じたんです。

 

だけどね、
「当たり前」と感じてたけれど、私の人生に当てはめて考えてみると全く出来ていなかったんですね…

 

例えばですが…

職場の人やママ友など、どうしても自分とは合わなくてストレスに感じてるとします。

どうしても合わなくてストレスを感じているのなら「会社を辞める」とか「ママ友との付き合いをやめる」という選択をすれば、いいだけのことなんです。

 

それを、
何か言い訳したり理由を付けては、ストレスを感じる場所に居続けることを選んでいるのは自分自身なんですよね。

 

その選択ができない理由ももちろんわかるんです…

「仕事は簡単にやめれない」
「子供たちが仲がいいのだから、会わなくするなんて無理」
「相手はどう思うんだろう…」

こんな言い分があるはずです。

 

こんなとき、うまくいっている人たちの選択は
シンプルです!

 

自分のストレスを減らすことを、第一に考えます。

 

ストレスを感じて我慢できないのなら会社は辞めて、もっと自分に合った場所を探します。

ママ友とも必要以上に関わらない!

 

当たり前にわかってるようでわかってなかった当時の私は、自分がストレスに感じる選択ばかりを
選んでいました。

 

このマインドの在り方を本当の意味で理解できたおかげで生きづらさを解消することができ、

自分が変化していくワクワク感や、人生の質を高める楽しさを知って

自分の望む人生を生きていきたい!
と、強く思うようになっていったのです♡

 

まとめ

誰かのせいにしてる間は
幸せにはなれません

 

自分の人生は「自己責任である」と気づけて、

今、自分が置かれている状況はすべて自分の選択と決定によってつくられてきたと気づけた瞬間から、あなたの生きづらさはどんどん解消していき

自分の手で在りたい人生をつくることが出来ます

 

まずは、、、気づくこと
変わりたいあなたに一番必要なことです。

自分が望めば、どんな自分にもなることが出来て
自分は無限の可能性に満ち溢れているということ

知って、受けとめて、認めて下さいね(^^)

 

自己肯定感が低かった私が変われた理由。先日、高校時代の友人3人で久しぶりに食事に行きました。そのとき友人との会話の中で当時の私の話になったんですね。 「学生時代の直...
【斎藤一人さんの教え】すべての出来事が魂を磨くギフトになる劣等感の塊で、 自己肯定感が低かった私が 変われたキカッケは… ◎独立、開業したこと ◎四柱推命、星よみ、個性心理學との...