子育て

子育ての悩みは実は「ダミー」悩みの正体は克服するべき自分の課題だったりします。

今日は私が実際に子育てで悩んだことを軸に話していこうと思います。

子供との関係を良くしたい
子供の良さを伸ばしてあげたい

そんなあなたに
ぜひ最後まで読んで欲しいです。

 

子育てにつまづいた私

私がまだ個性心理学や四柱推命と出会う前、娘の子育てに悩んでいました

娘は当時、小学生でした。

 

幼少期の経験が原因で母との関係性があまり円満でなかった私は

自分が母親になったら
お母さんのようにはならない!

そう思っていたのに…

母親になった私は母そっくりのお母さんになっていました。

 

 

その頃、私は既に自宅サロンを開業していて、仕事と子育てを両立する中で忙しさを感じながら

思うようにいかない子育てと言うことを聞いてくれない娘にイライラして

つい感情的になって怒っては「またやってしまった…」と、あとから後悔する

負の無限ループでした。

 

「このままじゃダメだ」
「娘の心を潰してしまう」

そう思った頃に、運よく個性心理學に出会ったのです。

子育てと、私の変化

「娘のために」と思って言ってたことが娘にとってストレスでしかなかったと、わかった時は愕然としました。

それからの私は、心理学や四柱推命を学び自分の幼少期とも、とことん向き合いました

 

そうしてるうちに私のビジネスの内容も、どんどん変化していき

美容師として働いていた私でしたが
過去の私と同じ境遇の人たちに
カウンセリングやセッションを
するようになっていったのです。

 

多くのママたちを見る中で気づいたこと

セッションやカウンセリングで多くのママたちと出会い

そして自分の子育てとも向き合ってきた中で、私の持論ではあるけれど気づけたことがあります。

 

それは、

子育ての悩みの
根源(正体)は

自分自身が
克服するべき課題

なんじやないか?と気づいたんです。

 

子育ての悩みは実はダミー

子育ての悩みって「子供側に原因があるから悩む」と、思いがちですが

実は子育ての悩みはダミーで

自分自身にも言えることだったり、
自分が乗り越えるべき課題
だったりします。

私の場合はこれだった

私の場合、娘の子育てで向き合った自分自身の課題は…

相手のことを尊重すること
人を頼ること

でした。

 

過去の私は自分の価値観が「正しい」と思っていました。

だから娘にも娘が大人になって困らないように
と、良かれと思って言ってたんです。

でも、それは大きな間違いでした。

 

今となっては娘が反抗してくれて本当に良かったと思っています

もし娘が私に無理して合わせてしまう、そんな子だったら

きっと私は娘の長所も、才能も可能性も未来も
狭めてしまってた…

大切なことを教えてくれた娘に心から感謝してます。

 

星の陰転、陽転

私がもっている星の中に通変星(つうへんせい)の
正官(せいかん)
という星があります。

通変星はピンク枠の部分です

あなたの命式はこちらでcheck!←タップしてね

正官はエリートの星
正しいことをしたい欲求が強い星です

正官が陰転(マイナスに傾くと)すると、自分のルールを押し付けたり正しくない人を攻撃しがち。

まさに過去の私ですね(>_<)

 

正官が命式にある人は
他人のルールも認めること
これを心がけるといいですね!

 

私は娘の子育てを通して、このことを教わりました。教えてくれた娘に感謝です!

 

どんなに苦手なことも克服できます

娘の子育てから教わったことが、もうひとつあります

それは「人を頼ること」

 

私は人を頼ることが苦手でした。
でも娘は頼られることに喜びを感じる子

娘の子育てを通して娘に(人に)頼る練習をしましたよ!今ではスッカリ娘を頼りにしています

親も子供を頼っていいんですよ(^^)

 

ママは完璧じゃなくていい

今の私は、やりたいこと好きなようにやって自己中ママですが

昔の親子関係より
今の方が遥かにいい関係です

ママだからって
完璧じゃなくていいし
一人で頑張らなくていいんです

 

親も子も
自分を大切にできて
家族みんなが幸せなら

こんなにHappyなことはない!

そう思いませんか?

 

親も子も自分らしく!みんなが幸せになるために
一人でも多くの人に自分のこと、家族のこと知って欲しい!

そう思って今日もブログ書いています

 

必要な人に必要な情報が
届きますように…

【四柱推命】十二運星(じゅうにうんせい)から読み解く、子供の才能を開花させるポイント今日は「子育て」に関するお話です。 私には大学生の娘と中学3年生の息子がいますが、二人の子育てにも四柱推命を活用しています ...
【インナーチャイルド】私の人生を変えてくれた娘の子育て私には高校3年生の娘がいます 私にとって娘は頼れる存在です。 仕事が忙しかったり、息子のサッカーの試合で帰りが遅くなった日な...