HSPの良くある悩み

「HSPは情報過多で混乱しやすい?」自分にとって何が必要かが、わからなくなった時の対処法

現代は情報社会です

 

「こういう時はどうしたらいいのかな?」
「○○について知りたいな」

こんな風に
何か疑問に思った時や
悩みがあったりすると
スマホで、パパッと検索すれば
有料級の情報を、得ることが出来ます。

とても便利な世の中だけど
情報が多すぎる故のデメリットもあります

 

HSPの私は
情報を多く取り入れてしまう
傾向にあります。

過去の私は、
情報過多になると迷いが生じてしまって
どうしていいかわからなくなって
悩むことが多かったです

あなたのその「生きづらさ」の理由はHSPかも。 人が気にならないようなことを敏感に感じとったり…音・光・ニオイに過敏だったり…「なんか生きづらいなぁ…」「私は人と違うのかなぁ…」そ...

 

今でも情報過多になるのは変わらないし、悩みがゼロになったわけではないけど、自分なりの対処法がわかったので随分と生きやすくなりました。

今日は、私の話を交えながら情報過多になりやすい人の対処法についてお話しようと思います。

 

情報過多になってしまう理由

私の頭の中はいつも忙しいです
無になることは、ほぼありません。

思考がいつもフル回転なので
常に何かを考えている状態です

 

HSPであっても
色んなタイプの人がいます
持ってる気質も人それぞれなので

まずは、
情報過多になると混乱してしまうのは
HSPの、どの気質が影響してるのか?

私を例に挙げてみますね(^^)

 

HSPのどの気質が影響してるのか?

情報過多になると混乱してしまうのは
HSPのどの気質が影響してるの?

 

(私の場合は…)

◎気になったらとことん追求

◎よくも悪くも素直

◎物事を深く捉え考えすぎる

◎正解を探したがる
(白黒はっきりしたい)

◎自己肯定が苦手
(完璧主義、理想が高すぎる)

 

気になったらとことん追求

気になることが出てきたら自分が納得いくまで
ネット検索してしまいます…

夫や子供たちとの会話の中でも気になるワードが出てくると、つい調べてしまうから

「調べるまでもなくない?」
と、良く家族に突っ込まれてます(笑)

 

気になったら調べる

この気質が迷いにまで発展するかは…その時、気になった内容によるんですよね。

気になったワードが
「ビジネスのこと」
「自己啓発」
だったりすると、深く考えすぎる傾向にあって、悩みに発展してしまうことが多いですね。

 

 

良くも悪くも素直

ビジネスや自己啓発に関することって、当たり前だけど、色んな考えの人がいて成功法則も人それぞれなんです。

自分を高めるために「素直さ」って、とても大事なポイントなんですけど

 

あれもこれも素直に聞き入れてしまって

「結局どうすればいいの?」
「どれを取り入れたらいいの?」


と…混乱してしまって、わからなくなってしまうことも私は多かったですね。

 

物事を深く捉え考えてしまう

ひとつひとつサラーッと流すことが出来なくてどれも深く考えてしまう私。

周りの人からは、
「もっと軽く考えたら?」とか
「なんでそこまで考えるの?」
と、言われてしまうことが
しょっ中ありましたね。

 

そう言われるたびに
「なんで私ってこうなんだろう…」
って、また悩んだりしてました。

正解を求めてしまう、白黒つけたがる

深く考えてしまうのは
「正解を探してしまう」
この気質も理由のひとつだと思うんですね

 

どれだけ考えても答えが出ないこともあります
それなのに永遠と答えを探してしまう…

「ま、いっか」
「考えても仕方ないもんね」

と、気持ちを切り替えるのが苦手で物事を柔軟に考えることも私にとっては難しいことでした。

 

自己肯定が苦手

そんなこんなでグルグル考え過ぎた結果、

「なんで私はいつも、こうなの?」
「考えがブレブレで私ってダメだな…」

と、自分責めが始まる。

敏感な上に真面目で自分に厳しめ

自己肯定が苦手なのもHSPに多い特徴ですね。

 

情報をキャッチし過ぎて、結局なにが必要なのかわからなくなった時の対処法

HSPの気質は生まれつきのもので、直そうとするのではなく受け入れることが大事です。

 

人が気づかないようなことも
気づいてしまう

そんな気質が、もともと備わってるのだから情報過多になりやすいのはある意味仕方ないことなんですね!

 

HSPの生きづらさ解消の方法は
物事の受け取り方や捉え方を
少し変えるだけ!

それだけで、とても楽になります♪

 

迷ったときは原点に返ってみよう

情報をキャッチし過ぎて、どれが必要なことか、わからなくなったらまずは原点に返ってみましょう!

◎もともと何について知りたかったのか
◎私の目的は何だったのか

 

一点に集中し過ぎるあまり、本来知りたかったことから離れ気づいたらこんなとこまで広がってた
なんてことも珍しくありません(笑)

「原点に返る」

これ大事ですね♪

 

いくら考えても答えが出ないこともあるんです

「答えがあるはずだ!」と思い込んでたり、何事も、白か黒か…でグレーが苦手だったり…と

両極端な思考にはまりやすいHSP

 

でもね、

いくら考えても
「答えがないもの」もあるんです

答えがないものもあるんだ…と意識するだけで悩むことも随分と減りますよ!

 

必要かどうか結局決めるのは自分です

最初の方で話した通り、
色んな考えの人がいて成功法則も人それぞれなんです。

 

たくさん得た情報や知識の中から、自分にとって必要な情報かどうか…

結局…答えを知ってるのは
「あなた」なんです

外側に向いている意識を内側に(自分に)向けて
しっかり自分と対話しましょう!

あなたが決めたことが答えですよ(^^)

一人で考えずに信頼できる人に話してみよう

一人でモンモンと考えても、いいことはひとつもありません。

私の場合、
ひとつのことへの集中力はあるものの
一点に集中し過ぎるあまり
周りが見えなくなったり
思考の転換が出来ないことが多いんですね

 

思考の転換をしたい時は、一番身近な存在で頼りにしている夫や信頼できる人に相談するようにしています

 

人に話すと
今まで悩んでたのがウソのように気持ちがパーッと晴れていきます♡

HSPの偏りがちな思考のクセを変えるには第三者の客観的な意見を聞くのはかなりオススメです。

 

ただし、
相談する相手は
誰でもいいわけじゃありません

あなたが信頼できる人、またはカウンセラーやコーチに相談するのもオススメです。

 

まとめ

情報をキャッチし過ぎて
何が必要かわからなくなった時は以下のコトを意識してみましょう!

◎迷った時は原点に返ろう
自分は何を知りたかったのか?
目的は何だったのか?
一度、原点に戻ってみよう

 

◎答えがないことだってある
正解がないこともあると認めよう

 

◎必要な情報は自分で見極める
答えはあなたの中にしかありません
「私はどうしたいの?」と自分に問いかけてみよう

 

◎信頼できる人に相談しよう
一人で考えこまないで客観的な意見も聞いてみよう

 

過去の私は、
つい考え込んでしまう自分が嫌で生きづらさを感じることが多かったけれど

自分の気質を
理解して受け入れた上で
物事の捉え方や受け取り方を
少し変えることで

生きづらさは解消できるんだ…ってことを知りました。

 

冒頭でも話した通りHSPと言っても

私とあなたの持っている
気質は違います

私には私に合った対処法があるようにあなたには、あなたに合った対処法があります。

 

迷ったり、
自分を見失いそうになった時のために
「自分のトリセツ」があるといいですね(^^)

 

どんなときも
あなたらしさを忘れずに!

HSPの個性を大事にしながら
人生、楽しみましょうね♪

HSPでもなりたい私になる!理想の自分を設定しよう「ありのままのあなたでいいよ」 という言葉をよく目にしませんか?でも…この言葉には落とし穴があります ありのままのあなたでいいよ…の...
HSPには「内向型・外向型」の二つのタイプがある。タイプ別に解説します繊細さんが 自分らしく楽しく生きていくために 必要なことは、、、 自分の気質を知って受け入れること だと、私は思っています。 ...